新田老談記31

− 小田原幽閉・その1 −

 足利長尾殿は、宗綱を討ち取ったことを注進するために、御名代の横瀬勘九郎殿に久米伊賀守を添えて小田原に遣わされた。

 氏直公は御対面になって初めから終わりまでお聞きになり、「新田・足利の働き、神妙なり。一族、家人の働きも感じ入るところなり」と、斜めならずお喜びになった。そして、横瀬殿と伊賀守に御褒美を下されて帰された。

 同年正月二十五日、小田原は、前橋、新田、足利へ御名代として山上五衛門を御年例に遣わされた。中でも、由良と長尾には、懇ろな御口上があった。

「先年、由良殿は武勇をもって桐生又次郎を討ち取り、そのうえ、このたび長尾殿は宗綱を討ち取られました。両家の働きには感じ入りました。このうえは、甲州、野州までも御手に入れられるでしょう。まず、佐野宗綱の一族・家人が居城を守っていますから、何とかして佐野を支配の地にしたいものです。もしも壬生、結城、小山までも御出馬されるならば、こちらからも加勢の人数を送ります。寄居、鉢形の者どもにも、それをすでに言い含めてあります。両家が出馬して攻め落とした土地には、こちらは野心は持っていません。このたび山上五右衛門を遣わして申したことはそちらの思う通りに判断していただいてかまいません。よければ、御両家一緒の御訪問を望んでいます。」

 これを聞いて、由良・長尾殿が思慮もなく山上五右衛門と同道して小田原へお越しになったのは笑止なことであった。

 小田原に着いてみると、思ってもみなかったことに御対面もならず、しばらく待たされたあと山上五右衛門を通して次のように言われた。

「両家の参府は、珍重の至りである。両家の武力をもって佐野宗綱を討ち取った様子をただちに注進すべきところ、延引したのはもってのほかのこと。先年の淵名合戦の時も、それぞれ勝利したのに注進が無かった。また、北条安房守、伊勢大和守、田米伊賀守が佐野を攻めた時、成田の勢を案内にして行田、岩槻、目沼、川越の勢が残らず加勢に出て、それによって佐野前川原まで攻め寄せ、宗綱の二三の備えを切り崩し、旗本・後詰めの備えまで乱れたったことがあったが、周囲に備えていた佐野の家来の畑野治郎右衛門、富士源太、竹沢、大秡以下の者どもが旗本と一緒になって采配を取り直して必死で戦ったため、宗綱の備えも立ち直り、宗綱自身が采配を取って下知しながら戦ったため、行田、川越の勢の犬畑与十郎、早川田玄蕃を初め、宗徒の者ども十八人が討死してしまった。あの時、新田足利の両家から加勢を出して案内でもしていれば大勢の討死も無かったのに、各々高見の見物をしていたのは奇っ怪の至りである。このたび宗綱を討ち取った時も、ただちにその首を持参して注進すべきところだったのに延引したのは、すべて近年疎略にしてきたのと同じで、もってのほかのことである。逗留中、最近の不届きをゆっくりうけたまわろう。それまで、しばらく召し込めさせていただく。」

 こう言って、前もって控えていた人数が出合い、手足を取って座敷牢に入れ奉り、番人を置いて厳しく監視を始めた。



 ひえーーーっ


前へ

次へ