新田老談記32

− 小田原幽閉・その2 −

 そのあと、山川五右衛門が蓮池の門外に出て、由良・長尾殿の御供の人々に、

「新田足利両城主は近年氏直方に対して不届き無礼があるため、こちらに留めおくことになった。御供の面々はまかり帰るべしとの御上意である。委細はおっつけ城代一族の方に申しつかわすとのことである。全員そのようにこころえるべし」と、申し渡した。

 御供の面々はこれを聞いて驚き、五右衛門に、

「これは、思いがけないことを仰せになる。そのようなことがあってお留め置きになるのなら、御両主のうちの一人にでも対面を願い、委細をうかがってから帰りたく存じます。命に代えても両主のうちせめて一人だけでも対面させていただく」と言いながら、城内に乱れ入ろうとした。

 五右衛門はこれを聞いて、

「各々の思う所はもっともであるが、決して両将の大事に及ぶようなことは無い。まずはすみやかにお帰りください」と、言った。

 その時、金井田伝吉郎、細谷善九郎、堀江彦助、林又十郎、金井新蔵、長島外記を初めとする面々が、「委細を聞かずにおめおめと帰ることはできません。御城内に御案内ください」と、目と目を見合わせながら言った。もしもかなわない時は、五右衛門を取り囲んでただちに討ち取り、城内へ乱入して氏直に一太刀入れて討死するかのような気色にみえた。

 五右衛門は軍法第一の上手だったので、少しも騒がずに言った。

「各々が、それがしの申すことを少しも聞き入れないのは、不忠の至りと存じます。両主のためと存じ、それがしが罷り出て穏やかに説明しているのに、一時の血気にまかせて城内で狼藉でも働けば、御両主のためによろしくないことになりましょう。言われたとおりに御帰城されるべきところを、それぞれの義理ばかり立てようとするのでは、忠孝の道に違うことになりますぞ。」

 そこに、城内にお供して行った国繁公の御家人、市川主馬之助、宮崎五太夫、江川海老之助、斎藤佐右衛門、芳野次郎八、小萱弥太郎、関口馬之助、岩崎弥太たちが汗を流しながら走って現れ、城内での出来事をつぶさに語ったので、それを聞いた供回りの面々も、両主の御命があることを知ってやや静まった。


前へ

次へ