新田老談記33

− 小田原幽閉・その3 −

 御供の面々が静まったので、山上五右衛門は城内に戻って氏直公に供侍の様子を申し上げた。氏直公はそれを聞こし召して、

「さもありなん。もともと新田足利の家来は一騎当千の者ども。そのほうのはかりごとによって、無事に静まったとみえる。さっそく新田足利に討手をつかわし、家人一族を追い散らしたいものだが、まずその前に先方の出方をうかがってみよ」と仰せになった。

 一方、御供の面々はいろいろ相談した結果、ともかく本国へ帰ることになり、外島外記が国繁公の御召し領の馬に乗って、小田原から新田までの四十里あまりの道のりを十時ばかりで馳せ戻った。その馬は、翌日の昼、死んでしまった。

 金山の本城に登って小田原での出来事を申し上げると、横瀬殿(横瀬勘九郎)を初め、城代、老中はおおいに驚き、上を下へとたいへんな騒ぎになった。

 足利、小俣、桐生へも、ただちに事の次第を連絡した。

 御母公(妙印尼。由良国繁・長尾顕長兄弟の母)や横瀬殿、上下の面々は、「由良の出城や、寄居の民百姓も、事件のことを聞いてきっと騒動するに違いない。諸物頭に触れを回して、静かに対処するように申しつけないといけない。おっつけ小田原から軍勢が来るだろうから、一族物頭の面々は残らず金山に集まって軍議を尽くそう」と、こぶしを握りしめ、ひじをさすって、上を下への大騒ぎになった。

 北条氏直公は、山上五右衛門と北条安房守を召して、「新田足利へ軍勢を出して、一族家人を追い払おうと思う。ただ、一応、使いを出して両家の一族家人がどう対応するか様子をうかがおうと思う」と仰せになった。

 安房守はそれをうけたまわって、「ただちに軍勢を送った方がよいでしょう」と申し上げたが、五右衛門は、「まず使者を送った方がよいと存じます。新田足利の一族家人の出方を見てから、そのうえで対応すべきです。この両家は他の家とは違って、文武二道にすぐれた者が多い家です。はかりごとを用いずに支配の地とするのは困難と存じます」と、申し上げた。

 氏直公はそれを聞いて、御使者として多米九郎、同次郎、平塚又五郎に歩弓三十人を添えて、新田足利の一族のもとに遣わした。その下し状には、次のように書かれていた。

 このたび両家の大将を小田原に留め置くのは、近年の不届きのゆえである。そのうえ、今度宗綱を討ち取った際、ただちに注進すべきところ、山上五右衛門が行ってからようやく参府して報告するなど、恨むべきところが多い。両人は、この先三四年ほど小田原逗留と決まった。一族、家老、物頭も、残らず小田原に参府すべし。居城には、こちらから加番の軍兵を遣わす。少しでも滞る子細がある時は、そのように返答いたさるべし。


前へ

次へ