新田老談記34

− 小田原からの使者 −


 金山本城では、新田足利の一族家人が集まり、両主の帰城を願って毎日いろいろと対策を相談していたが、そこに小田原から使者が来訪して、前記の旨を伝えたのであった。

 写真は、金山城の大手虎口付近。

 本城で使者の口上と下し状の内容を聞いた面々は、横瀬勘九郎殿を初めとして、小金井四郎右衛門、矢場内匠之助、柳内修理之助、大沢下総守、林越中守、同伊賀守、鳥山浄仙などの侍大将一同、足利の御家人では、白石豊前守、大沼田淡路守、阿方源内、荒井図書、小沼弾正、南江左衛門、高山馬之助などである。

 これら両家の物頭の面々が、三間十五間の広間に列座して、こぶしを握りしめ、汗を流しながら口上を聞いたのであった。

 横瀬勘九郎殿は、使者の口上を聞こし召して、少しも騒がず仰せになった。

「両主が小田原に逗留の儀につき、氏直公がわざわざ留守の者にお知らせくださったこと、ありがたく存じ奉ります。はばかりながらお返事を願い奉りますので、ゆるゆると御休息くださり、明日になってから御帰りください。」

 そして、「山海の珍物を用意して御馳走いたせ」と命じ、新田足利の郷力若侍を交えて、少しも手を抜かずに接待を始めた。

 その間に、横瀬殿を初め老中、物頭は残らず北の曲輪に集まって善後策の相談をおこなった。

 まず、大沢下総守が、「御両主がこのようになってしまったからは、どんなはかりごとを成したとて死んでお別れしたも同然。このたびの使者は帰すわけにいきません。使者は獄舎に入れ、足軽どもは四五人の耳鼻を削いで小田原に帰しましょう」と、言った。

 それを聞こし召して、横瀬殿は、

「下総守の言われることももっともである。両主が深い考えもなく、一族にも相談せずに小田原に行ったのは、すでに運命も尽き、八幡大菩薩も見捨てさせたもうたものとみえる。口惜しきこと限りなし。そのうえ、この城に小田原からの加番を入れるなど、もってのほかのことである。おのおのがたやそれがしが在番しているため、小田原はすぐには加番を入れず、我々がどう対応するかをうかがうために、まずは穏やかに使者を送ったとみえる。しかしながら、両主の命をつなぐため、今度の使者は穏やかに返事をして帰した方がよいであろう」と、仰せになった。

 新田足利の面々も、横瀬殿の仰せを「もっとも」と感じた。

 小俣の義勝公は、

「新田足利の一人でも留め置かれたら、末代までの遺恨である。それがしと横瀬殿が、供まわりに新田足利小俣の大力の者を選んで、使者と共に小田原へ行くのはいかがか。小田原でまずは穏便に話しを進め、様子が良ければ由良・長尾を同道して帰り、万一首尾が悪ければ城中で狼藉して氏直の首を取ることもできよう。仮にしそんじたとて、安房守(北条氏邦)の首は取れるであろう。我々両人が討死するとしても、小田原には万人の墓を築いてくれよう。我らが討死したと聞いたら、新田足利小俣の軍勢は、両主ならびにそれがしと横瀬のために弔い合戦をしてくれ」と、涙を浮かべて仰せになった。

 これを聞いて大沼田淡路守と小金井四郎右衛門が、

「もったいなき仰せ。大将二人を人質にされただけでも無念なのに、このうえ御両所が討死したら、敵は喜びのうえの大喜びです。このような時は、御心を静め、敵にはかられないように心掛けねばなりません。敵に強く出れば御両主のお命が危うくなります。なにとぞ、御両主のお命が助かるようなはかりごとをお願いいたします。小田原がこの城に攻めて来たら簡単には渡すわけにいきませんが、御両主のお命があるうちは、なにぶんにも穏やかに話しを進めて、そのあとではかりごとをめぐらせましょう」と、申し上げた。

 義勝公と横瀬殿や物頭たちもそれに同意し、穏便な返事をして小田原からの使者を帰すことになった。


前へ

次へ