新田老談記35

− 小田原勢の襲来 −


 相談が終わって、林越中守が小田原からの使者に言上した。

「このたびは、由良長尾の小田原逗留につき御念の入った御使者に預かり、ありがたく存じたてまつります。近年の疎略、不届きについて仰せ聞かされたことについては、思いがけないことでした。近隣に大名が多いとはいえ、小田原のことは新田足利は心からたのもしく存じ、朝夕あがめたてまつり、疎略に思うようなことは決してありません。そのようなことがあれば、このたび兄弟そろって参府つかまつるようなことは無かったでしょう。無礼に思し召すことがあったとしたら、お詫び申し上げます。このたび小田原にうかがう機会ができたのを喜んで参府いたしたのですから、なにとぞお許しいただき、今後はよろしく御支配にお任せいたします。居城については、御地から加番を仰せ付けられるには及びません。新田足利の一族が在番つかまつります。なにとぞ由良長尾の帰城を願いたてまつります。」

 こう伝えて、使者を小田原に帰した。

 使者が小田原に帰って、ことの趣きをつぶさに氏直公に申し上げると、氏直公は、

「赦免したいところだが、すでに幽閉してしまったからには、新田足利はこれを遺恨に思って末代まで北条家の大敵になるにちがいない。この機会に軍勢を出し、新田・足利・館林を攻め取って小田原の支配の地にいたそう」と言い、北条安房守を大将として、二千五百騎余りの軍勢を編成した。

 侍大将としては、伊勢大和守、守田米主膳正、大道寺駿河守、山上五右衛門。成田左衛門を案内者として、忍、深谷、岩槻の軍勢を添え、天正十二年二月十八日には新田古戸の渡しを越え、川上は中瀬、小島、川下は小泉、吉田原、赤岩のあたりまで、川を背にして野陣を催した。そこでかがり火を焚いて全軍の到着を待ち、手分けして新田足利を攻めることになった。

 忍、深谷、岩槻の勢は、花房内膳の旗下に入れて館林の押さえのために遣わした。

 寄居、鉢形の軍勢三百五十騎は神原治部、浜島与一郎、大磯勘解由左衛門を大将として、強馬を選んで足利攻めのために光西寺原に布陣し、富士山の要害を撫で切りにしてから小泉の要害まで狼藉しようと、近辺の民家や神社仏閣へ乱入して火をかけ、言語を絶するばかりの狼藉を行った。

 近隣の厩橋(前橋)、伊勢崎、大胡、山上の者どもはそれぞれに防備を固めて、「今回の小田原と新田の合戦はいつもの合戦とは違い、互いに大勢の討死が出るだろう」と、噂し合った。

 近国の人々は、「新田足利は小田原の使者にどんな返事をしたのか。小田原の軍勢が突然攻め寄せて来て、今度の合戦でいよいよ新田足利は滅亡するに違いない」と噂し合い、持ち物も捨て、財宝は土に埋め、山奥にでも逃げ込もうと右往左往して大騒ぎになった。

 北条安房守(氏邦)は中瀬村江原というところに御着きになると、一晩野陣を構え、だいたいの人数が揃ったところで平塚の渡しを越えて、木崎、徳川、江原、田中の民家を焼き払った。その後、脇屋、反町に陣宿を構えて、「金山の城を攻めよ」と人数の手分けをおこなった。


前へ

次へ