新田老談記36

− 金山城の守備 −

 さて、金山では、新田足利の上下の面々が集まって評定をおこなった。評定の席で、横瀬勘九郎殿が仰せになった。

「このたびの合戦は新田足利どちらの大将もおられず、それがしと物頭の面々だけである。決して気を乱さず、何事も心を合わせ、上下が一つになって落城しないような軍法をおこなわないといけない。しかしながら、敵が無二無三に攻めたてようとも、味方は強く働かずにはかりごとを専らにするよう心がけよ。この金山城は、敵を眼下に見て戦う時の堅固さは、日本無双の名城と言ってよい。敵が広沢、桐生に乱れ入って長陣したとしても、兵糧に困ることもない。」

 まず、桐生の地侍は藤生紀伊守を大将として、浅海、薮塚、長岡、大鷲の前に土塁を設け、山や谷には石弓を構えて守備を固めた。

 寺井、由良、細谷、岩松の者どもは、鳥山主膳と金谷因幡守を大将として由良の出城に籠もり、敵の様子をうかがった。

 金山本城では、横瀬勘九郎殿、小金井四郎右衛門、林越中守、大沢下総守、柳内修理、浜田内匠、畑六郎、江田兵蔵、堀口彦五郎、長島外記、矢場主計を初めとして、宗徒の大将三十九人が手分けして前後左右の持ち場をかためた。

 長手口は、小金井四郎右衛門、柳内修理、大沢下総守を大将として、郷戸、鶴生田、成塚、萩原の郷人を谷々に籠めおき、後口にまわる敵の押さえとして、吉沢古郡の者どもは荒井主税と茂木右馬之丞の組下に入れ、岡田石見守、薗田彦七郎、伊藤重蔵、長谷川与惣左衛門、渥美源三郎、大宝寺勘太郎を初めとする面々と共に丸山の峰の寄居をかためた。

 新田口の大将としては横瀬勘九郎殿を初め宗徒の大将十六人、熊野口には林越中守、同伊賀守、堀口彦五郎、矢場内匠之助、野山九郎兵衛を初めとする宗徒の人々十三人が、坂下の平地に集まり、石弓と落し穴をあつらえて寄せ手を待ち受けた。

 焼山と金井の間には、懸田播磨守、矢木田清九郎、内田左衛門、窪田金蔵、松原勘解由、清水三郎左衛門、唐沢出羽守以下の百三十人が馬場の西に陣屋を設け、焼山の峰に物見番を置いて、鳴りを静めて待機した。

 市場只上にはわざと勢を置かず、桐生と広沢には、山中の物頭の関口尾張守、風間将監、大谷勘解由左衛門、津久井左京、松島古伯、悪沢道伴、石原石見、彦部加賀守、以上、名ある侍百五十人の組下に郷人を入れ、五百人あまりが広沢の寄居に集まって、峰には遠見番を置き、金山で合戦が始まったら横槍を入れようと待機した。

 小俣の城には義勝公が御家人、郷人を集め、桐生川の左右に乱杭逆茂木を置き、厳しく下知して中島笛吹坂に勢を揃え、もしも新田落城ということになったら全軍を上げて一合戦しようと待ち受けた。

 羽鹿、大前、松田、栗谷、板倉の郷人、地侍たちは小俣の勢と一緒になって川端、備塚に伏せ、周囲の様子をうかがった。

 山下、五十部、大岩の郷人、地侍は蓮台寺の前後に集まり、足利勢と一緒になって下知を待った。

「新田老談記・中」、終わり


前へ

次へ