新田老談記37

− 御母公の決意 −

 足利の城には白石豊前守、立木図書、大沼田淡路守、市川右衛門、久米伊賀守、新井図書、小曾根筑前、南掃部、小沼正五郎、小菅縫殿助、江川左衛門、山川丹後を初めとする面々が集まって合戦の評定をおこなった。富士山にはわざと勢を置かないことにし、佐野勢がこのたびの合戦を幸いと横槍をいれるかもしれないので、龍舞、朝倉の者どもが川を東へ越えて、羽左間山に遠見番を設け、観音堂山に矢野九郎兵衛を大将とする伏兵を置いた。喜間、名草、藤坂、月谷、田島の郷人、地侍、地下人は全員要害山の麓に集まって、石弓木石を用意し、落し穴を掘って敵勢を待ち受けた。

 館林御城には金谷因幡守を大将として大畑治部、久下越後守、江戸宗印、久保田若狭守、長谷川道伴、野田志摩守、大島弥平治、大窪甚五郎、設楽新八郎、葦沼左内、篠塚半弥など、宗徒の人々十三人と近辺の郷人歩弓が三百六十人あまり籠城した。高根、川俣、加保志、小曾根の周辺には落し穴、乱杭、逆茂木を並べ、敵が押し寄せて来たら手厳しく戦って討死しようと待ちかまえた。

 新田金山では、御母公(妙印尼。由良国繁・長尾顕長兄弟の母)が老中、御一族の面々に、次のように仰せ付けられた。

「このたび小田原から大軍が攻めてくるという。はかりごとに遭って小田原に留め置かれてしまったうえは、兄弟の者にはもはや二度と会うことはできないでしょう。義重公の御代から当代まで、新田足利の地は中絶なく子孫相続を続けてきて、つきあいのある家の子も多かったとはいえ、当代この時に至ってはおのおのたちばかりです。きっと口惜しく思っているでしょう。我が身も、同じ思いです。このたび、むざむざと城を渡したら、新田代々の系図を捨てたも同じ。兄弟の者とは死に別れたと思い、何とかはかりごとを成して城を堅固に守り、新田の家名を残してほしい。もしも運命が尽きて、皆にその志が無い時は、敵が寄せて来る前に自害し、末世に再び生まれ変わって本望を遂げようと思う。」

 このように仰せになり、御涙を流された。

(写真は、金山城本丸(実城)跡の新田神社。この神社は、江田館跡で地元の人に祀られていた「ギテイサマ」(義貞様)という小祠を、明治の初めにここに遷したもの。)

 御一族、老中、物頭の面々はこれをうけたまわって涙を浮かべない者はいなかった。

 横瀬勘九郎殿と鳥山浄仙が、これを聞いて感じ入り、「たとえ仰せの旨が無くとも、御両主がかくのごときになってしまった上は、なおさら城を堅固に守ります。御兄弟の御命が今生にある上は、必ず御運が開けます。御家人の面々は忠意を揃え、たとえ討死に及ぶとも決して一歩も退くことはないように見えます」と、申し上げたので、御母公は斜めならずお喜びになった。


前へ

次へ