新田老談記38

− 成田からの使者 −

 新田金山の城に一族老中物頭が集まり、根岸三弥が筆を取って着到の人数を記録した。着到の人数は、都合七百三十騎、上下合わせて三千人余りであった。

 それを聞いて、小金井四郎左衛門が、

「新田足利の両大将は、果報よろしくまします。御大将のいないところに不慮にこのたびの大事に至ったのに、御一族、家人、民百姓に至るまで心指し深く、『たとえ御大将がいらっしゃらなくても、日頃の御情けに報いるために一命をたてまつって討死し、子孫に名を残そう』と、諸勢万民が申しています。このような念力が天に通じ地に渡れば、必ず八幡大菩薩の感応がないはずはありません」と、言った。

 このように内談しているところに、成田左衛門尉泰親。忍城主成田氏長の弟から使者がやって来た。使者の言うには、

「このたび両城主は小田原に御逗留になり、そのうえ両所へ軍勢を向けられ、小田原の軍勢が近隣に満ちています。それがしは新田足利の儀は疎略には存じておりません。このごろ持病に責められて音信も途絶えてしまい、こころもとなく思っておりました。御一族か老中のどなたかに折入って内談したきことがあるので、御入来願い申します」との言上であった。

 使者は橋本加右衛門という者で、もともと新田の出の侍であった。

 横瀬殿と老中衆は、加右衛門に対面して言上の趣きを聞こし召され、

「忍と岩槻の者どもは、このたびの寄せ手に加わっていると取り沙汰しています。成田殿は新田足利とは重縁深く、御使者の趣き、委細かたじけなくは存じますが、御存知のとおり一族家人も東西に忙しいため、仁義を略し、ただ敵が寄せて来たら上下共に討死して両主の御供を来世まで願い奉るばかりです。いずこからお招きに預かろうともお断りしております」と仰せになって、使者を帰した。

 使者が帰ってから、物頭の面々が口々に、

「成田方から使者が来たのははかりごとに違いありません。最近、忍、岩槻の勢が館林に集まり、飯野、大久保、北大島の沼辺に陣屋を設け、館林の者どもが新田足利の後詰めをしたらその留守を襲って城を乗っ取ろうとしており、羽田内膳と小森伊織を大将として百四十騎ほどが控えています」と、申し上げた。

 横瀬殿は小金井四郎左衛門に、「成田は心変わりしたようだ。使者を送って様子を見てみたい」と仰せになり、増田伊勢守と広瀬長蔵に歩弓三十人を添えて遣わした。すると、成田殿は外出中とのことで、老役衆も現れないため、使者は是非無く帰って来た。

 横瀬殿は、「やはり成田は心変わりしたとみえる。敵勢が寄せて来たら、成田の陣場を一文字に踏み潰して軍神に奉るべし。成田の一族家人の首を取った者には、百貫の褒美を取らせる」と、憤りを隠せない様子で仰せになった。物頭たちも、奥歯を鳴らして口惜しがった。

 やがて、思ったとおり、「成田は那波、伊勢崎、前橋道見、朝場甚内などを誘って小田原方になり、こんどの合戦の案内として近々攻めて来る」と、脇屋の郷人が告げて来た。


前へ

次へ