新田老談記39

− 長手口の合戦 −

 天正十二年六月上旬、小田原勢は、「まず金山から攻めよ」と、足利へは光西寺原に忍びの者を出しておいて、金山城の長手口と熊野口から攻め登って来た。

 成田と朝葉を先手として、二千五百騎を二手に分け、長手口からは、北条安房守、田米伊勢守、山上五右衛門、成田左衛門尉を大将として上下合わせて五百人あまりが、鐘や太鼓を打ってわめき叫びながら攻め登って来た。

 城中ではかねて用意してあったので、小金井四郎右衛門が坂の途中まで下り、名誉の侍百人余りと歩弓三百人を前後に引き連れ、峰の上には石弓、丸木、土俵を並べた。敵が攻め登って来たところで、「馬の前に落としかけよ」と采配を振るって下知したので、その場所で成田の勢、上下二百人ばかりが木や石に当たって死んだ。

 大将はうしろから登って来たので、先陣の討死を知らずに押し太鼓を打ち、我先にと進む馬武者、歩弓人が石木弓に当たって次から次へと谷へ転げ落ち、風に木の葉を吹き乱すかのようなありさまであった。

 後陣や中備えの敵には、矢を射込み、角のあるつぶて岩を投げ入れたので、退くこともできず、登ることもできず、身動きできずに死ぬ者が多かった。

 山上五右衛門はこれを見て、後陣の備えを立て直し、鶴生田の縄手に退いた。そこで味方の様子を見ると、上下三百人あまりが討たれ、手負い半死は数知れなかった。

 成田は一揆家人百人あまりを討たれてようやく逃げたが、乗って来た馬も深手を負って、坂の途中で谷へ跳ね入って死んでしまった。

 その時、小金井四郎左衛門が大音声で、

「いかに、成田。この城の案内は、重ねては御無用。そちらは、これから明日の軍法のはかりごとに及ぶがよい。こちらは軽くお迎えの用意をしておこう。かわいそうなのは小田原勢のありさまかな。成田なんぞに案内させたので、思わぬ人馬の被害が出てしまったのだ。このたびは、さっさと帰るがよい」と、二三度四五度、木や石を叩いて囃したてながら言った。

 城兵も、山も崩れるばかりに鬨の声を合わせた。

 小田原勢は、もう一度攻め寄せたいなどと思うものは上下共に一人もおらず、やっとの思いで本陣目指して引き返して行った。


前へ

次へ