新田老談記40

− 熊野口の合戦 −

 小金井四郎左衛門は敵を思いのままに麓まで追い落とし、敵の人馬が谷に落ちて死んだの見て、「これぞ名城の徳。新田の一族家人は一人も損なわなかった。このうえは、小田原勢がどんなに攻めても落城することはあるまい」と喜んで、小金井采女を坂の途中に残し置いて自身は本城に戻った。

 本城で御母公と横瀬殿、鳥山浄仙に合戦の次第を報告したので、いずれも斜めならずお喜びになった。

 それから遠見番所に登って四方の攻め口の様子を見物すると、熊野口に敵が充満しており、合戦の最中のようだった。

 小金井四郎左衛門は、「横槍を入れて、敵を一人も逃さず討ち取れ」と、新田口の勢を引き連れて、寺ヶ入の坂の途中に陣を張って鬨の声をあげた。

 熊野口の寄せ手は、浅葉甚内を案内者とし、北条陸奥守、伊勢大和守、前橋道見、松山外記を大将として、千三百五十騎以上であった。寄居、鉢形、川越の郷人合わせて二千人ばかりの勢を○(読めない)川の前後左右に残し、屈強な武者三百騎ほどが、鐘太鼓を打ちながら攻め登って来た。

 この口は、大沢下総守と林越中守を大将として、茂木馬之丞、関口尾張守、増田伊勢守、外島源内、荒山兵蔵をはじめ二百七十人ばかりが谷間の薮陰に隠れ、なりをひそめていた。

 浅葉甚内は攻め口の様子を見て、「長手口は大勢で守っているが、この口には小勢しかいないようだ。時間をかけず、本城へ乱入しよう」と、攻め登った。

 この口は、前もって谷峰の難所に落し穴を隙間もなく設けてあったので、そこに敵二三百人が青龍の備えを取ってさしかかった時、林越中守と大沢下総守が采配を取り、谷峰に伏せておいた勢に下知して木や石を落としかけ、上手な射手を揃えて眼下の敵を射立てた。この口は特に険しい坂道で、登りかねているところをさんざんに射立てられ、敵は前後左右に色めきたった。

 伊勢大和守と前橋道見はこれを見て、采配を振り回して麓に退こうとした。そこに、焼山切通しに伏せてあった勢が石弓を雨のように投げかけ、遠矢を射て鬨の声をあげたので、ほうほうの体で長岡、新井、浜田、在郷の広場へ退いて行った。

 これを見た小金井四郎左衛門は、無二無三に追いかけた。敵が逃げて行く先には田畑や掘水があり、また、落し穴や堀切があらかじめ設けてあった。味方は案内を知っており、敵はそれを知らなかったので、馬を乗り入れて人馬もろとも落ち重なって死ぬ敵も多かった。

 浅葉兄弟一族家人三十四人は、坂の途中で木や石に当たって、枕を並べて討死してしまった。

 前橋道見は、焼山の南の深掘の中へ馬ごと乗り入れて出られなくなった。供廻りが馬を叩いて掘の外に出そうとしたところ、馬が驚いて道見を跳ね落とし、道見は腰の骨を折って半死半生になってしまった。生け捕られてはいけないと、供廻りが戸板に乗せて、あたふたと前橋に運んで行った。

 四郎左衛門は本城に帰り、大沢下総守、林越中守などの物頭と互いに合戦の手立て・軍法を話して喜び合った。

 そこに、御母公が合戦を御見学になりたいと、長持や釣台に乗せた酒肴を持って、鳥山浄仙と村田学寄をお供にして新田口の馬場までおいでになった。

 御母公は合戦の始終をお聞きになって、

「このたびは、大将がいないのに一族、家人、郷人まで、何と深いお心指しを揃えてはげましたことか。国繁・顕長兄弟はこれほど果報いみじき大将と生まれながら、大難に遭って取り籠められてしまうとは、なんと情けないことか」と、涙を流された。

 老中をはじめ御家門の面々や物頭が集まったところ、そこに御母公が酒肴を下さったので、それをいただいて合戦の疲れをいやした。

 横瀬殿は、「成田左衛門の家人小森主膳の首と朝葉兄弟の首を長手鳥山の間で獄門に懸けよ。さっそく寺ヶ入古郡の者どもに触れ渡すべし」と仰せになり、彦右衛門と丹三郎を召して仰せ付けられた。

 寄せ手の討死は、上下合わせて五百二十八人。手負いや半死は数知れなかった。城方を改めたところ、城内の死者は三十人で、他に、○川、由良、細谷の出城に集まっていた郷人が百人あまり討たれただけであった。


前へ

次へ