新田老談記41

− 小田原からの加勢 −

 北条安房守(氏邦)、同陸奥守、山上五右衛門は合戦にさんざん利を失い、軍勢を集めて江田、反町の本陣へ引き返した。そして、合戦の様子を詳しく小田原に注進した。

 氏直公は報告を聞かれて、大畑兵庫之助と桑山掃部を召し、

「このたびの合戦は、とても勝てそうにないという報告が来た。きっと、忍、岩槻、前橋の郷人や葉武者を吟味もせずに遣わして、大軍であることに油断して負けたのだろう。元来、新田の一族家人は、合戦に及んで一歩も退かず、敵を見て恐れず、千騎が一騎になるまで戦う手ごわい者どもである。両人を加勢として遣わすゆえ、まかり越して、合戦の了見をよくよく教えてやってくれ。近辺の郷人や葉武者を使うと、結局のところ足手まといになって、思いがけず寄せ手の手負いや死人が出るものだ」と仰せになった。

 両人はうけたまわって、加勢三百騎あまりを率いてまかり下り、中條の渡しに着陣した。

 そこで様子を聞くと、「小田原勢はさんざんに打ち負かされて、本陣は反町というところに退いた。朝葉兄弟と前橋道見も討死してしまった」というので、小森屋村と中條に勢を残し、三十騎ばかりで反町に急ぎ、安房守殿に対面して合戦の様子を詳しく聞いた。

 その席で山上五右衛門が、「どんなにはかりごとをめぐらせても、味方を損じるばかりでこの城を落とすことはできそうにない。金山は名城で、日本無双の家人一族が五里十里四方に満ち満ちている。民百姓まで城主が虜になったのを悲しみ、無二無三の働きをして討死しようとしているかのようにみえる」と言ったので、物頭を初めとして集まった面々は肝をつぶしたような顔になり、一言の返事もできなかった。


前へ

次へ