新田老談記42

− 由良の合戦 −

 合戦の最中、田米主膳と大道寺友之助は○川の岸に布陣して、長手口の大将が攻めあぐむようなら後詰めしようと考えていた。

 その頃、由良の出城に、金井田伝吉郎、屋内伊織、片岡次郎兵衛、天笠甚太郎、大木内匠之助、および、細谷、岩松の郷人二百人ばかりが立て籠もっていた。金山で戦いが始まったのを知って金井田伝吉郎は、「今日の合戦に参加できなかったら、末代までの心残りとなろう」と、家人一族を率いて出城をひそかに抜け出し、いそいで金山城に向かった。

 馬を走らす金井田たちを寄せ手が見つけて、「この出城の押さえとして残されていた者たちが、五騎七騎と落ちて行くようだ。討ち留めよ」と、我先に追いかけた。由良の城内でもこれを見つけて、「金井田を討たすな」と、我先に城から討って出て合戦が始まった。

 本城の合戦よりも激しい戦いになり、敵と味方が入り乱れ、東西南北に走って互いに火花を散らしたので、新田方は百人あまりが討たれてしまった。寄せ手は六七十人が討死した。

 伝吉郎は取って返して敵を追い散らし、七八騎の武者を斬って落とした。自分は負傷もせず、家人一族も怪我が無かったので、金山本城に登ろうと思ったが、出城の方もこころもとないと思い返して、再び由良へ一文字に帰って行った。


前へ

次へ