新田老談記43

− 戦線膠着 −

 小田原勢は、北条安房守、同陸奥守、および、物頭の面々が集まって合戦の方便を相談したが、どうしたら勝てるのか見当もつかなかった。

 田米主膳は、

「関東の近年の合戦にはすべて参加しているが、今度のように味方が働くべき方便を失ったことはなかった。たとえ小田原領内の軍勢を残らず集めたとしても、この新田の城を完全に包囲することはできない。とはいえ、山城のことなので、大勢が立て籠もって長陣をすれば、水がなくなるかもしれない。兵糧については、他国のことなので、(今のように完全に包囲できていない状態では)城内が飢えることはないと思う」と、言った。

 山上五右衛門はこれを聞いて、

「仰せの段はもっともだが、長陣すれば寄せ手の大軍の方が難儀なことになろう。桐生、小俣、足利、館林までみな一族なので、なかなか落城はさせられそうにない。このことを、ただちに小田原に御注進すべきだ」と、言った。

 安房守(北条氏邦)はこれらの意見を聞こし召して、

「おのおのの意見は捨てるべきでもないが、『小田原勢は、大軍を催し近辺の加勢を募ったあげく引き退いた』などと新田領内で茶飲み話にされるのも口惜しい。桑山や大畑を招き寄せる前なら軍勢を引くこともできたかもしれないが、ここで退いたら小田原の思し召しもどうかと思う。ともかく、もう一度合戦して、どうなるか結果をみてみたい」と、仰せになった。

 しかし、物頭たちや陸奥守殿は、「合戦を何度やっても、ひどく負けることは無いでしょうが、勝つ可能性もありません。いたずらに長陣して歩弓人を討たれた末に引き退くのは、後々のために良くありません」と言うので、さらにいろいろ相談するうちに十四日も日数を送り、時間がたつばかりであった。

 こうして、寄せ手も城内も、互いに長陣に疲れてきた。


前へ

次へ