新田老談記44

− 和談 −

 金山では一族家人が集まり、各番所を用心厳しく守っていた。「夜討ちがあるかもしれない」と、各所に逆茂木を引き、また、水が少なくなっていることを敵に見せないために、池の土を上げて、いそいで西南に塀をつくり、五十間に渡って壁を塗った。そして、馬を引き出し、湯で馬を洗っているかのように白米を馬にかけて、水が少なくなっていることを悟られないようにした。

 写真は、金山城主郭部の大手虎口の脇にある「日の池」。

 敵が長陣しているのは兵糧攻めに入ったのかもしれないが、兵糧や薪はまだ十分にあった。しかし、俵物を敵に濫妨狼藉されないように用心せよと、近辺の村々に触れた。

 そうしたところ、新田の金龍寺と足利の長林寺から使僧がやって来て、

「このたびの合戦で新田足利が勝利したのは、本望の至り。我らも共に喜んでいるのは、籠城の勢と同じです。しかしながら、出家の身として、討死の忠孝も仏祖にはばかりがあります。かなわぬまでも、両寺で小田原に参府して和談を申し込み、両城主の御帰城を願い奉ろうと思います」と、申しのべた。

 御母公、横瀬殿をはじめ、鳥山浄仙、小金井四郎左衛門らが、「両寺の思し召しはもっともです。御心底のとおり小田原へ行き、両城主の御帰城を仰ぎ奉りたい」と返事をしたので、使僧は寺に帰ってそれを両寺に伝えた。

 両寺がいそいで小田原に参着し、和談の趣きを申しのべると、氏直公はそれを聞こし召して、「奇特千万なる両寺の志かな。近辺に寺社は多いが、この時に至って武士の心をなだめ、国土の乱を静めようと思し召すとは、感じ入るところである。お望みの旨は、成田左衛門の方に申し渡す」と言い、両寺は慇懃なお言葉をいただいたうえに、御馳走をふるまわれ、雪舟の掛軸を拝領して新田に帰って来た。


前へ

次へ