新田老談記45

− 両城主の帰城 −

 北条氏直公は、成田左衛門(泰親)を召し寄せて両寺の御沙汰を仰せ聞かされ、

「新田足利は父の氏政公の代にも攻めず、また、越後、甲州、佐竹のいずれも攻めたことが無かったが、このたび新田足利へ軍勢を出したのは、近年不届きなことが多いため両城主を小田原に留め置いたのが原因である。今回加勢を出して、自ら出馬に及べば簡単に攻め落とせるであろうが、両寺の志や由良長尾の家人の忠孝の志には感心するところが多い。したがって、このたびは軍勢を退き、由良長尾を帰城させようと思う。しかしながら、一族のうちから人質を一人ずつ出させるようにせよ」と、左衛門に仰せ付けた。

 成田はうけたまわって、さっそく両寺に使者を遣わしたので、ただちに新田足利に伝わって、天正十二年七月二十日に御帰城と決定された。やがて小田原勢も引き揚げたので、新田足利の上下は大喜びであった。

 小金井四郎左衛門、藤生紀伊守、金井田伝吉郎を大将とするお迎えの人数、上下八百五十人余りが川越の原まで行き、そこから先はわざと小勢にして、両主と家人あわせて五十人程度であった。

 林越中守が佐川の中尾にお待ち申し上げていたので、成田左衛門と山上五右衛門が両主を佐川の端までお送りになり、互いに礼儀を述べてしばらく酒盛りをした後、両人は小田原に帰って行った。江田兵庫助を小田原に残し、三十日ごとに交代して参勤することに決まった。

 それから昼夜兼行で急いだので、間もなく中瀬の渡しにお着きになった。横瀬殿を大将として、新田足利の郷人や寺社仏塔の者までもがお迎えに出たが、その人数は、かれこれ五六万人にもなった。両主は金山本城にお入りになり、お喜びは限りなかった。

 御母公も馬場まで出て御兄弟に対面され、「このたびの両所の苦労や、一族家人の忠功の物語は、一生の間話しても話し終わらないでしょう」と、喜びの涙を流された。

 国繁公は、「このたび小田原の虜となり、既に命は無いものと思っていたが、金龍寺と長林寺の思し召しや、一族家人、民百姓までが悲しんで忠義深いことなどが、諸天、善神、八幡大菩薩に通じて、これを憐れみたもうたのであろう。それで、すみやかに帰城できるようにしてくれたのだろう」と、仰せになった。

 その後、お祝いの酒盛りを始めた。顕長公もさっそく足利へ御帰城になり、お喜びは限りなかった。

 両城主は金龍寺と長林寺に御参詣されて、御先祖の御墓を拝された。

 その後、成田左衛門も新田足利に来て、このたびの一部始終の物語をされた。それを見て上下の人々は顔を見合わせ、「面の皮の厚いことだ」と囁き合った。

(新田老談記には書いてありませんが、実際は、この翌年、北条氏が金山城を再び攻撃。金山城は開城して、由良国繁は桐生へ退去し、金山城には小田原から城番が入ったようです。このへんのことについては、唐沢城老談記を御参照ください。)


前へ

次へ