新田老談記46

− 小田原の合戦 −

 佐野は天徳寺殿の御代になってますます繁栄したが、小田原から人質を催促されて、是非無く最年少の御舎弟、毘沙門殿を小田原に遣わした。

 やがて上方から小田原を攻めるという御沙汰があったので、山上道及と天徳寺が相談されて上方勢に与することになり、道筋の難所を絵図にして上方に送ったところ、いろいろ御褒美に預かり、先陣の案内を仰せつかった。それが小田原に伝わったため、毘沙門殿は無情にも処刑されたという。

 由良成繁公と長尾顕長公もいよいよ御繁栄になった。新田足利の武士、町人、寺社、仏閣、民百姓にいたるまで静謐で、上の御憐れみ深く、それによって領内は太平に治まり、最近では上下一緒に集まって酒宴や花見遊山を催し、喧嘩口論も無く、諸人の心も静かで、「こんなに良い世は今までどこにも無かっただろう」と、人々は喜んでいた。

 そんなある日、突然、上方からの大軍が小田原に攻め寄せるという風聞が伝わって来て、小田原から新田足利へ、三百騎あまりの加勢を出せと言って来た。新田足利では、「最近の坪軍(つぼいくさ)とは違って、晴れがましい合戦になるだろう」と、騒いだ。

 林越中守、金井田伝吉郎、茂木馬之丞、江田兵庫之助、小金井四郎右衛門、藤生紀伊守を大将とする三百六十人が、天正十七年十一月二十六日に新田を出て、成田左衛門の旗下に入って小田原へ向かった。

 ほどなく相模国山田村に着陣して、諸大将が小田原へ入り、田米主膳と山上五右衛門の出迎えを受けて喜び合った。氏直公にも御対面になったが、御機嫌よく、小金井四郎右衛門には御馬を下され、その他の大将分へは御腰物や槍長刀などを拝領した。

 新田足利と小田原の間の御使番の役には、長沢半十郎と早川田喜左衛門がなった。両人は無双の大力で、利根川が満水になっても川を越えることができた。そのほか、使いや飛脚が鋸で木を挽くように新田足利と小田原の間を行き来した。

 間もなく、十二月の初めに上方勢が攻め寄せた。

 山中城は新殿七左衛門を大将として百五十騎で守り、樫木、坂畑、塔ノ沢には石丸源太左衛門、石塚三郎左衛門、大道寺友之助、樋口主計、萩田左近、大磯久五郎、丸橋藤次郎を初めとする宗徒の侍、八十五人が、山の峰、谷の細道に木石、落し穴、堀切をあつらえて敵勢を待った。

 寄居、岩槻、松山、大宮、八幡山の地侍、郷人も、久永但馬守に付いて北条安房守殿の下知を受け、出城や寄居に籠もって守りに付いた。

 小田原は御領内も広く御一族や御家人も多かったが、御運命が尽きたためか、天正十八年の春に小田原まで落城し、御一族や名ある侍百五十人あまりが生け捕られ、討死は上下八百二十九人。情け無きありさまであった。

 新田足利の加勢では、峰岸主税、栗原内膳、内田庄之助、山川左内、戸島甚五郎、渥美源四郎、籾山久兵衛、芳野次郎八など上下六十二人が討死し、そのうち五六人は生け捕られてしまった。

 小田原落城以後は上方の御代となり、関東八国の大名小名も剛心を失い、太平に掟を守り、民百姓にいたるまで喜ばない者はいなかった。


前へ

次へ