新田老談記47

− 三家の没落 −

 由良殿と長尾殿は、三百騎あまりの加勢を小田原に派遣した罪科を逃れ難かった。

 桐生へ御退きになっていろいろ弁明されたが御赦免は無く、「しかしながら神妙なるありさま」と、常陸国に所替えとなることが決まった。

 御家人がみな御前へまかり出て、「御供の用意を仕ります」と言上申し上げたが、国繁公は、「方々の申し分は忘れ難きことなれど、かくのごとき身となっては家人を大勢連れて行くことはできない。家人の縁が尽きなければ、まためぐりあうこともあろう」と、涙を御袖で隠しながら仰せになったのは、ありがたいことであった。

 皆、「それは情けなき御上意。御先祖式部大輔義国公以来それがしどもまで、譜代相伝で中絶せず、代々重恩厚く頂戴して、それにどうやって報い奉ることができるのですか。このたびは、是非御供させてください」と申し上げて、涙を流した。

 国繁公も御涙にくれていらっしゃったが、やがて、「最近うち続いた国土の乱れは、武士の身として片時も快い時が無かった。弓馬の道に生まれた身として、今日のような日が来ることはかねて期していた。このような流人の身となって、供を大勢連れて行くことはできない。上方にもどのように思われるかわからない」と仰せになって、各人に御盃をくださり、御家人たちに御涙とともに御暇を出された。主と家人の生き別れで、あまりに情けないありさまであった。

渋川義勝の供養塔 その後、由良殿は御供を少々召し連れて常陸国へお着きになり、牛久に居住された。御菩提所の金龍寺も随従して月日をお送りになり、もしや赦免の使いも来るのではないかと時節をお待ちになった。

 足利長尾但馬守顕長公は佐竹義宣公の御取り成しでようやく御預人となり、小俣渋川相模守義勝公は、秋元越中守殿の御預かりで御住居、御知行、残らず召し上げられ、思いもよらないことに御浪人となってしまった。

(写真は、渋川義勝の供養塔。旧主を偲ぶ地元の人々によって、元文五年(1740年)に小俣の城山の麓に建てられたもの。周辺には、矢竹が生い茂っている)

 その後、新田、足利、小俣の御家人は浪人となり、主人がどうしているかこころもとなく、時々連絡を取りながら月日を過ごした。先祖の知行の場所に住み着いた人もあれば、山奥へ引っ込む人もあり、その他、在々所々にちりじりになって住み着き、民百姓と縁者好しみを結んで農作を専らにして浮世を送り、主人が御赦免に預からせたまい、御運を開かせたまうのを朝夕待つばかりである。定め無きは武士の身、まことに情けないありさまで月日を送った。

本文はこれで終わりです
このあとは、新田由良・足利長尾・小俣渋川の三家の家臣の名簿が続きます


前へ

次へ