新田老談記52

− 氏直、謙信家来 −



北条氏直公に従う金山討手の大将

北条安房守 間宮豊前守 同美濃守 山角上野助 松田尾張守
多目主膳 大道寺駿河守 有竹 中條出羽守 伊勢大和守
芳賀大和守 加勢大将 桑山掃部 大畑兵庫助


越後謙信公家老

木牧近江守 直江山城守 柿崎和泉守 長尾玄与斎 川田伯耆守
秋田備後守




(以下は、末尾に付記されている年表で、メモのようなもののようです。)

元亀は三年で終わる。

同年に当たって、四月二十四日、野州小俣合戦。同年六月二十八日、上州膳の城没落。

天正は十九年で終わる。

同元年三月十二日、上州桐生落城。同六年九月、高津戸合戦。同七年、神梅寄居合戦。同十二年正月元日、佐野宗綱討死。同年六月新田金山合戦。同十八年小田原落城。

元亀元年十一月三日、北条氏康病死。

天正元年四月十二日、武田信玄病死。

同六年三月十三日、越後謙信頓死。同十年三月十一日、勝頼自害。同年六月二日、信長公を明智害す。同年六月十三日、明智光秀を秀吉公討つ。

文禄は四年で終わる。

同元年、高麗陣。同年十一月四日、氏直高野山にて死去。同四年七月十五日、秀次高野山にて誅す。

慶長は十九年で終わる。

同二年八月二十八日、公方義昭御他界。 同三年八月十八日、関白秀吉御他界。 同五年、石田治部少輔乱。

元和は九年で終わる。

同元年五月七日、大坂落城。

寛永は二十年で終わる。

同十四年十一月 肥前島原陣。

これで「新田老談記」は終わりです。 


前へ