新田老談記の用語集

寄居
YORII
 堀・土塁(土盛り)・塀で周囲を囲った簡単な防御施設。見張りを目的として作られた寄居は、「番所」とも呼ばれていたようです。
 新田老談記では、領地の境界に「寄居」を設け、城主の家来や、雇われた地侍、百姓がそこを守り、敵が来ると銅鑼や鐘を叩いたりほら貝を吹き鳴らして敵の侵入を領内に知らせる、といった描写が頻繁に出てきます。
後詰
GODUME
 軍勢を動かして救援すること。また、その救援軍のこと。
 出城や寄居が敵に攻められたら、鐘やほら貝を鳴らして、本城や同盟関係にある城から後詰が来るまで持ちこたえるのが守備兵の役割といえます。
濫妨
RANBOU
 現在使われている乱暴という言葉とは、発音は同じでも意味は少々違うようです。濫妨は、敵の領内で略奪したり、作物を刈り取ったり、田畑を荒らしたり、民家を焼いたり、などなどを行うこと。濫妨取りという言い方もされています。
 戦国時代には、領内が敵に濫妨されるのを防ぎ、配下の兵士に敵地で濫妨させてやることが、領主の器量の見せどころだったようです。上杉謙信は略奪が目的で関東に来ていたという説もあったりして、謙信びいきな関東人の私としては、少々複雑な気分です。新田老談記の中でも、謙信軍は濫妨狼藉ができるとなると大喜びしています。
乱杭・逆茂木
RANGUI
SAKAMOGI
 どちらも、木を使った防御設備。乱杭は、杭を地面に乱れ打ちして、その間に蔓などを張りめぐらせたもの。逆茂木は、木を伐って、枝先の方を寄せ手(攻撃側)に向けて並べ、取り除けないように幹の部分を杭に縛り付けたもの。
 乱杭や逆茂木があると、寄せ手はそこで立ち止まらざるを得ません。寄せ手は乱杭や逆茂木を撤去しないと前へ進めないので、撤去作業に入るわけですが、その間は守備側にやられ放題。
 新田老談記では、里見兄弟が落し穴と逆茂木を利用して寄せ手の大軍を撃退したりしています。
搦手
KARAMETE
 大手(正面玄関)以外の攻め口。
 山城を攻撃する場合、城兵と戦う前に、まず険しい坂道を登って城兵のいる所に行かないと戦いになりません。城兵が撃ちかけて来る弓や鉄砲を避け、城兵が落としかけてくる石や丸太を避けながら登らなければならないので、たいへんな難儀です。
 現代人は手ぶらで山城に登るだけでもひーひー言ってしまいますが、昔の城攻めでは、重い鎧を着て、城兵の攻撃を避けながら登るわけですから、軟弱者の現代人には想像もつかないたいへんさです。
 山城はたいてい大手が一番登りやすい道になっていますが、そこは城兵もたくさん守備についています。大手を避けて搦手に回ると、城兵は少ないかもしれませんが、登るのがたいへん。搦手から登っている最中に暴風雨が来たりしたら、寄せ手は登るに登れず、城兵の思いのままに討たれてしまいます。新田老談記では、安直に搦手から山城を攻めたら、登る途中で暴風雨が来て、大将を初めとする主だった侍が皆討ち取られて滅んでしまった一族が出てきます。
忠義
CHUUGI
 新田老談記における忠義は、主君を守ることではなくて、主君の家の家名を守ることのようです。新田老談記の中の新田勢は、主君が人質に取られたら、主君を見殺しにしてもいいから徹底抗戦して主君の恥をそそごうとしています。

戻る