以下は、「多摩の板碑」展の図録(町田市立博物館編集・発行、町田市立博物館図録 第116集)から、執筆者の千々和先生の許可を得て転載したものです。


板碑の履歴書

千々和 到



1.幕府に届けられた板碑出土の情報

 享和元年(1801)十一月のこと、武蔵国多摩郡府中宿本町(いまの東京都府中市宮西)の称名寺という時宗の寺で、二基の青石の板碑が発掘された。一基には「嘉暦四年」(1329)という鎌倉時代の年号、もう一基には「応永一四月廿日」(1394)という南北朝合一直後の年号が刻まれていた。

 「巷街贅説」(『続日本随筆大成』別巻九)という記録の伝えるところによれば、これは境内の薮を切り開こうとして笹の根を掘り起こしていたときの発見だったが、このことはやがて村役人から代官に届けられ、翌年二月には石摺(拓本のこと)を添えて代官から老中にまで伺いがたてられる騒ぎとなってしまった。そのわけは、嘉暦の板碑は「何人の墓印に候かあい知れ」ないが、もう一基の応永の板碑に「徳阿弥親氏、世良田氏」という銘が刻まれていたためだったのである。

 徳阿弥親氏という人は、新田氏の一族、世良田氏の出で、南北朝の戦乱に破れ、足利氏に追われて時宗の僧となって諸国を放浪し、三河国松平郷に住みついた徳川家康の先祖と伝えられている。つまり、この銘文を信じれば、この板碑は将軍のご先祖さまの「墓印」だということになってしまうのである。そこで、寺から相談された村役人も代官も、捨てておくことも出来ず、幕府に伺いをたてることになったのである。

 この板碑はしかし、たぶん「徳阿弥親氏」の墓印ではない。なぜなら、紀年銘の彫り方が、その場所といい、書き様といい、異例にすぎるからである。「応永十四年」を「応永一四」と書くことは中世には絶対にありえないから、この紀年銘は「応永十四年」ではない。だが、「応永一四月廿日」がもし「応永元年四月廿日」を意味するというのであれば、これも当時の書き様としては「元年」を「一年」とするのは不思議である。そして明徳五年から応永元年への改元は七月五日のことだから、「応永元年四月廿日」という日付は、厳密には存在しないことになる。いや、それはこれが供養塔だから問題ない、と言うこともできそうだが、「世良田氏」という書き方も奇妙だから、結局この板碑は「徳阿弥親氏」の供養塔でもないだろう。ところが梵字のキリーク(阿弥陀如来)の彫り方は中世のものとしてまったく問題がないから、中世の板碑の銘文の部分を削って、それに将軍のご先祖さまの名前と命日とを刻んで埋めたいたずら者がいたと考えるしかないのだろう。そしてその改ざんの目的としては、徳川氏の先祖に阿弥号を有する時宗の僧がいたことを世間にアピールし、時宗や称名寺の名声を高めようとしたか、もっと直接に、先祖の墳墓に対する徳川氏の援助を期待したか、などの可能性を指摘することもできるだろう。この板碑を学問的に検討すれば、このようになる。

 では、この板碑は偽碑、または改ざんの板碑として、忘れ去られてよいものだろうか。そうではあるまい。こうした板碑の改ざんが行なわれた背景を考えれば、鶴岡八幡宮供僧の相承院の伝承がもとになって、薩摩の島津氏によって自らの先祖と主張する源頼朝の鎌倉の墳墓が整備されたり、長州の毛利氏によって、同じく頼朝の墓近くの大江広元らの先祖の墓が整備された1800年前後の情況が想起される必要がある(岸本覚氏「長州藩祖廟の形成」『日本史研究』438)。そういえば、関戸村(いまの多摩市関戸あたり)の名主で、鎌倉幕府滅亡のときの関戸周辺での幕府軍と新田義貞の軍勢との激戦に深い関心を抱いていた相沢伴主が、自分の屋敷内にあった塚を『太平記』の記述などをもとにして「安保入道道忍の墓」と比定(というより創作)したのも、釈迦堂光浩氏の最近の研究によれば、19世紀初頭のころであったという(「伝 安保入道道忍の墓」『ふるさと多摩』五)。そうだとすると、この板碑は、徳阿弥親氏の生涯については何も新たな歴史的事実を物語るものではないけれど、そうした先祖に対する記憶のよびおこしや、ときには「先祖作り」をした時代の情況を、明瞭に物語る貴重な資料であるということになるだろう。

 一方、江戸幕府としてこの板碑をどのように判断したのか、「巷街贅説」によってさらに見ると、その判断のプロセスの詳細はわからないが、五月になってから出された老中安藤信成の下知は、この板碑は称名寺で念をいれて預かること、この板碑を掘り出した地所は耕作は遠慮し、「二三間四方に生垣をいた」すように、というものであった。この下知の中身からは、松平郷の高月院にすでに墓所のある親氏の墓所をもう一ヶ所新たに追加して認定したと解釈することはできない。幕府としては、届け出た称名寺の顔を立てつつも、決定的な判断は避けたというべきではないだろうか。

「多摩の板碑」1999年8月10日〜9月26日(町田市立博物館編集・発行、町田市立博物館図録 第116集)より。




 横書きにしたのに伴って、一部、原文の漢数字をアラビア数字に変更しました。「多摩の板碑」展の図録には、「徳阿弥親氏の碑」も含め、多摩地区の多数の板碑の写真と、解説が載っています。町田市立博物館(TEL: 042-726-1531)で販売されていますので、興味のある方は購入して読んでみてください。


元のページに戻るには、ブラウザーのバック(「戻る」)・ボタンをお使いください