嘉永水滸伝1

− 国定忠治、生い立ちの事・その1 − 




 上州佐位郡国定村に、忠助という百姓がいた。先代までは田地もあってそれなりの者であったが、次第に零落し、忠助の代に至っては身代は衰えていた。

 忠助は愚直で無駄口をたたくこともなく、夫婦で睦まじく暮らすうちに一人の子をもうけ、その名を忠治と名付けた。

 この子は幼いころからすこやかに成長したが、六つ、七つの頃から、近隣の子供と遊ぶとき、自分の意にそわないことがあると、みだりに他の者を殴りつけたり傷を負わせたりするようになり、先方の親が怒鳴り込んでくることが多くなった。

 両親がもてあまして強く意見したので、そのあとしばらくは親の言いつけを守ったが、しばらくするとまた元に戻ってしまった。年月が経つにつれて粗暴傲慢になり、いたるところで喧嘩口論をするようになった。

 父忠助は忠治のおこないを見ておおいに嘆き、「このまま成長すればどんな者になるかわからない」と、女房とも相談して同国高畑村の彦助の元へ忠治をつかわし、事情を話して、「しばらくそちらで預かって、性格を直していただけまいか」とよくよく頼んだ。この彦助は、忠治の母伊代の兄である。

 彦助は承知して彼を引き取り、それ以後は門の外へも出さず、終日自分のかたわらに置いて手習いなどをさせた。

 忠治は毎日机に向かって半時ばかりは静かにしているものの、すぐに欠伸(あくび)をして眠り込んでしまい、どうしても筆を取ろうとしなかった。しかし、門外へは出なかったので、外で喧嘩口論をする心配はなかった。それで、まずは机に向かっていればよかろうと、そのままにしておいた。

 忠治の退屈はこのうえないものであったが、彦助の教えが厳しくて好きなように遊ぶことはできなかった。しかたなく、いやいやながら手習いしつつ、何カ月かを送った。

 そうするうちに、やがてその年も暮れて忠治は十二歳になった。

次へ




インデックスへ戻る