嘉永水滸伝2

− 国定忠治、生い立ちの事・その2 − 



 彦助は、新しい衣服をととのえて忠治に着せ、土産を持たせて国定村へ年始につかわした。

 忠治は籠の鳥が放たれたような心地がして、すぐに国定に行って両親に会い、彦助が持たせてくれた土産物を渡したが、挨拶もせずにすわりこんで黙っているばかりだった。

 このような者であっても、母は伜(せがれ)がひさしぶりに戻ってきて、また、少しはおとなしくなった様子なのを見て深く喜び、餅よ菓子よともてなした。

 そうするうち、忠治は父忠助の様子を見て、なんとなく心労がある様子なのを察してひそかに母に尋ねた。すると、母は、

「おまえは何のわきまえも無いから正月が来て嬉しかろうが、去年からよくないことが続いて、うちへはまだ正月が来ないのです。いろいろ手立てを尽くしたけれど、このところ不作続きでお金を貸してくれる人もなく、あれこれと心遣いして気持ちが沈んでいらっしゃるのです。」と、答えた。

 忠治はうなずいて、「そろそろ高畑へ帰る」といとまごいをしたので、母は、「たまに来たのだから、一晩ぐらい泊まってから帰りなさい」と言ったが、聞き入れずにすぐに帰ると言うので、母は彦助へのみやげをととのえて、そのまま忠治を帰した。




戻る

次へ

インデックスへ戻る