嘉永水滸伝3

− 国定忠治、生い立ちの事・その3 − 



 こうして忠治は急いで高畑へ帰り、みやげを彦助に渡したところ、まずは正月なので、「外で遊んで来なさい」と言われた。

 忠治はおおいに喜んで外に出て遊んだが、しばらくして家に戻ってみると、彦助夫婦はどこかへ行っていない。これさいわいと、かねてから目をつけていた戸棚から金を取り出し、これを持って近くの重助という者の家に行った。そこでは大勢が集まって博奕(ばくち)を始めていた。

 忠治も博奕に入れてもらおうとしたが、「まずは金がどのくらいあるか確かめてみよう」と取り出してみると、二朱が九つあった。そのうちのひとつを銭に替えて勝負したところ、天運にかなったのか少しのあいだに二両ほど勝ってしまった。

 そうするうちに仲間の者どもが、「もう昼時になったから、みな飯(めし)を済ませて来てからまた始めよう。忠治も必ず来い」と言うので、忠治は承知して彦助の家に帰った。

 妻は昼飯の準備で庭の方におり、彦助はまだ帰っていなかった。忠治はおおいに喜び、ひそかに前の金を元の場所に戻し、飯を食らうとまた重助の家に行った。

 重助の家では、前にいた友達はすでに残らず集まり、さらに人数が増えて大勝負となっていた。

 忠治は若年ではあったが、賽(さい)の目の考えがあったのだろうか、これと思うところに賽の目が出て、一座は残らず忠治に勝ちを取られ、中には衣類を脱ぐ者まで出る始末であった。そうするうち、いよいよ忠治に勝ちを取られて、みなこれ以上博奕を打てない状態になってしまった。

 夕方になって忠治は、「飯を食って来る」と言うと、「これで酒でも買いな」と言って重助に二朱を与えて家に帰った。

 その夜は重助の元には戻らず、買って来た餅や菓子をひとりで食べながらひそかに金を数えてみると、十一両あまりの勝ちであった。

 忠治は笑みを浮かべてこの金を机の引き出しに隠し、翌日、一両ほど持って重助のところへ行ったが、その日はさんざんに負けてたちまち一両を取られてしまった。

 忠治はつくづくと思った。

「元来この国は博奕が流行している国だが、昔ながらの博奕打ちが言うのを聞くと、博奕に負ける兆しが見えた時はやめたほうがよい。また、次第に勝ち登ってきた時は進んでせよ、と言う。前の晩に勝ちが続いた時にさらに押して打てばきっと勝利できただろうに残念だ。」

 それ以後は、進退を良く考えるようになった。




戻る

次へ

インデックスへ戻る