嘉永水滸伝4

− 国定忠治、生い立ちの事・その4 − 



 次の日、重助の元へ行こうとすると、表に迎えの友達が来たので、一緒に連れだって行き、博奕を始めると、この日もだんだん大勢になってきた。

 忠治は始めはそれほどの勝ちは得られなかったが、巳の刻(午前10時頃)からしきりに勝ち始めて、昼飯も忘れて打ち続けた。負けて退く者もあり、また、入れ替わって来る者もおり、いずれも忠治を狙って打ったが、いかなる幸運か、またもや忠治の勝ちとなった。どうにも敵しがたく、そのまま終わりになったので、忠治は一分を取り出して重助に与え、「酒でも飲め」と言い捨てて我が家へ馳せ帰った。

 この日は十三両あまりの勝ちだったので喜ぶこと限りなく、次の朝、飯を急いで食うと国定村の実家へ向かった。

 父忠助は留守の様子だったので、母に向かって、「親父さまはいずこへ行かれたのですか?」と尋ねると、母は、「このあいだ言ったように金策に出てまだ帰らない」とのことであった。

 忠治は、

「そのことを伯父に言って助力を願ったところ、『さては苦労されているのか。私が金子を貸すから、人に知られないように持って行って親御に渡し、渡したら早く帰れ。私もあとで話しに行くから。』と言いつけられて来たのです。戻ったら渡してください。」と言いながら、金子を渡した。

 母伊代は飛び立つほどの喜びを満面に浮かべて言った。

「これで人並みの正月ができる。よろしくお礼を言っておくれ。そのうち父様も戻られるでしょう。とにかく飯でも食べて行きなさい。」

 忠治は首を振って、「また来ます」と言い捨てて、伯父の元へ急いで帰って行った。




戻る

次へ

インデックスへ戻る