嘉永水滸伝5

− 伯父彦助、忠治の行く末を嘆ずる事・その1 − 



 さて、忠助は金の工面もならず、我が家へ帰るにも足がはかどらない様子であった。

 妻のお伊代はそれを見て、うれしさのあまり駆け出して、忠治が来たことを話し、

「兄も我が家のことを心配してくれて、金子を貸してくださり、『あとで来て話そう』との口上で金を預けて帰りました。あなたももう安心してください。ほんとうに、夜が明けたような気持ちです。」と言って、金を渡した。

 忠助は、それを手にも取らずに言った。

「彦助とは縁者だが、互いに義理を立て通して一銭の貸し借りもしたことがない。また、若年の忠治ごときが嘆いたからといって承知するような彦助ではない。たとえほんとうに我が家の急難を救おうとされたにしても、これを貸すには自分で持って来るはずだ。子供に持って来させたとは、いつもの彦助とは違う。いぶかしいことこのうえない。」

 これを聞いて、お伊代が言った

「それでは、兄の彦助は親類の急難を見ても救おうとはせず、人情さえ知らない者とお思いですか。それなら、すぐに高畑へ行って返して来てください。去年、十二月二十日が期限の金さえまだ返済できず、七重の膝を八重に折って頼んでも誰もお金を貸してくれない時節に、さぞ困っているだろうと推量して貸してくれたこのお金を、疑って使わなければ、あの返納はどうするのですか。私も、見目良く生まれてあと十歳も若ければ、苦界に沈んでこの難儀を救いたいところですが、このように醜くては相談に乗ってくれる人もいません。ですから、他に手立ては無いでしょう。大事を思って疑うのも、時と場合によります。」

 忠助はうなずいて、

「疑うわけではないが、数年のあいだ一銭も貸し借りをしない正しい間がらだったのに、今、不意に貸してくれたのでいささか心が迷ったのだ。では、ひとまず恩人の志を借用して、このところの苦患を逃れよう。」と言って紙包みを開いてみると、二十両あった。

 忠助は驚きながら押しいただいて勘定し、借金をすべて返納して安堵の思いをなした。もともと小百姓だったので、わずか五両の金で借金も残り無く返済できた。

 十五両余ったので、今は心も落ち着いて、「やっと本当の正月が来た」と、にわかに肴をととのえ、夫婦めでたく酌み交わしてその夜は床についた。




戻る

次へ

インデックスへ戻る