嘉永水滸伝6

− 伯父彦助、忠治の行く末を嘆ずる事・その2 − 



 翌日起きて庭へ下りたところへ、伜(せがれ)の忠治がいそいそと入って来た。一通の手紙を取り出して、「お使いです」と言うので、忠助がこれを受け取った。

 封を切って読み終わると、おおいに驚いた様子で元の座に帰り、忠治を近くに招いた。妻は夫の表情のすさまじさに、「なにごとだろう」と思い、顔をじっと見て物も言わずにいた。

 忠助は、涙を拭いながら忠治に向かって言った。

「おのれは、たとえようもない大胆物だ。このところ、日夜遊んで家にいることが無く、しかし正月だからと彦助夫婦が咎めないのを良いことにわがままがつのり、あちこちで博奕を打って三十両あまりを勝ったとのこと。『年端もゆかぬ分際で大金の勝負をするとは、行く末がとても思いやられるので、今日限り預かることはできない』と、伯父から断ってきた。おのれ、博奕の元手はどこから出した。正直に言ってみよ。」

 母は驚き、忠治をそばへ引き寄せて尋ねた。

「どれだけの元手で、どこで勝ったのです。隠さず言って、早く安心させておくれ。」

 忠治は怖じる様子もなく言った。

「前に伯父様から、小遣いにしろと二百文を貰ったので、それで近所の友達と道中双六をしたら、運が良かったのか二貫文勝ち、それから教えてくれる人の言うとおりに、また丁半廻り胴をしたところ、これも勝ち、その後は大人ばかりで私を目当てにして打ったけれど、やはり私一人が勝ち通して二十両あまりを得ました。盗んだ金ではありません。私が勝ったからといって他所からとやかく言う者はありません。このところ金子(きんす)に困っていると聞いてから、なんとかして金を得ようと思っていましたが、子供なのでどうしようもありませんでした。しかし、はからず博奕に勝って急難を救うことができました。この国に生まれて博奕を大胆と言うなら、国じゅう残らず大胆者でしょう。博奕に勝った金は使えないと思われるのなら、残らず返してください。それを元手に、次は百両にしてみせましょう。」

 忠助はあきれ果てて、返す言葉もなかった。




戻る

次へ
つづく

インデックスへ戻る