元のページに戻るには、ウィンドウを閉じてお戻りください。


1999/09/26

 「梅松論」の19-21をアップロードしました。北条高時の遺児、相模次郎(北条時行)が反乱を起こし、鎌倉を制圧。建武の新政が決定的に破綻するきっかけとなった事件です。

1999/09/16

 「梅松論」の16-18をアップロードしました。新田義貞の鎌倉攻めと、建武の新政に関するところです。建武の新政で尊氏を排除する動きがあり、公家の間で「尊氏ナシ」という言葉が流行ったという、「梅松論」の有名な記述があるところです。

 それから、元弘の乱の際に後醍醐天皇が立て籠もった笠置山に行って来たので、笠置山の写真を「梅松論」の8に挿入しました。そちらも御覧ください。笠置山は、奈良時代以来、山岳仏教の修行に使われていた山で、頂上付近は巨石でできたフィールド・アスレチックのコースのようになっており非常に楽しめました。時間があれば、あとで訪問記を書こうと思っています。

1999/09/10

 「梅松論」の14 、15 をアップロードしました。足利尊氏が旗揚げした篠村八幡宮や、尊氏に六波羅を落とされて関東に逃げる途中で、北条仲時以下四百名以上が自害した米原の蓮華寺の史跡写真があります。

1999/08/28

 「梅松論」の9 〜13 をアップロードしました。

 それから、書き忘れていましたが、お盆に太田金山城と足利学校跡に行って来たので、新しい写真をいくつか「新田老談記」と「鎌倉大草紙(後半)」に挿絵として入れてあります。

1999/08/24

 お盆前に、国學院大學教授の千々和到先生から、このサイトの「松平氏と世良田氏」のページで言及している「徳阿弥親氏の碑」についてメールをいただきました。

 「『徳阿弥親氏の碑』は現存しており、町田市立博物館で開催されている『多摩の板碑』展で展示されている」とのことだったので、びっくりして、17日に「多摩の板碑」展を見て来ました。

 「徳阿弥親氏の碑」は、中世の板碑に、年号や「徳阿弥親氏」とか「世良田氏」という文字を後刻したもののようです。

 展覧会の図録に千々和先生が詳しい解説を書かれていて、転載の許可をいただきましたので、別ページに載せました。→ こちら

 町田市立博物館の「多摩の板碑」展は、8月10日から9月26日まで開催されています。多摩地区の中世の板碑が大量に展示されていますので、興味のある方は出かけてみてください。

 「松平氏と世良田氏」の方も書き直さないといけないのですが、とりあえず注を入れておきました。

 以下、ちょっと余談です。

 千々和先生の解説によると、「巷街贅説」(『続日本随筆大成』別巻九)という本に、徳阿弥親氏の碑が掘り出された時の様子が書いてあるようです。私は読んだことのない本なのですが、「どこかで聞いたことのあるタイトルだなぁ」と思って思い出してみたら、以前、「招き猫倶楽部」という招き猫の解説サイトで見た書名でした。「招き猫倶楽部」の中の該当ページ(「招き猫の系図」->「江戸の招き猫」)を読み直してみたら、招き猫の原型となったと思われる猫の置き物が、嘉永五年に浅草寺で売り出されて、その時の見聞などもこの本に書かれているそうです。やたらとおもしろそうな本なので、機会があったら読んでみたい…。

1999/08/08

 新しく、「梅松論」の現代語訳を始めました。北野天満宮で老僧が昔のことを物語りする、という趣向で南北朝時代のことが描かれていきます。

 今回は、梅松論1から8までアップロードしました。承久の変のあと、皇統が持明院統と大覚寺統に分裂し、幕府と対立した後醍醐天皇が笠置山に籠もる事件(元弘の乱)までです。

 今回アップロードした部分のうち、前半では老僧が歴代天皇について蘊蓄をたれたりしていて退屈かもしれません。退屈な場合は、読み飛ばした方がいいかも。


ウィンドウを閉じて、元のページにお戻りください。